読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何様なんだ?

仕事をするからには

利益が上がらなければ

意味がない。

会社という母体が

カラカラに乾いた状態で

給料を上げてもらおうだの

資格を取らせてもらおうだの

考え方が甘っちょろいんだよ。

テメェで金借りてでも

資格取ってくるから

祖母の日の休みだけなんとかしてくれ

というくらいねぇと

男としてかっこ悪りぃわ!

会社が潤うには

利益の上がる仕事を数多くこなす事

そのために

資格持ってる人間が多ければ多いほど

いいわけだ。

そんな事もわからねぇ奴らに

同じ目線が話しされると

腹がたつどころか

さついすらおぼえる。

常用職人

常に仕事をさせてもらえる

常用職人。

 

常用職人は

日当だから

仕事をする上で

受けというものが存在しない。

だから

どれくらいの利益が上がっているのか?

どれくらいの損失になるのか?

どうしても疎くなる。

 

だからこそ

段取りよく

間違いのないよう

しっかりした仕事をし

目には見えなくとも 

頭を巡らせ 利益というものに

どれほど貢献できているか

感じながら仕事に取り組まなければならない。

 

つい先日

我々の常用職人メンバーの中に

唯一いる

俗にいう

【使えない奴】

が 溶接配管の寸法を全て間違えた。

元々効果もない現場。

ただでさえきついのに

全部間違い。

 

もちろん溶接配管もやり直し。

 

普通ならね。

そこで

反省して 一つ一つ気を引き締めて

作業当たるようになるのだけど

でもそいつは違う。

なんせ

筋金入りの

【ズル男】

 

実は俺は前の会社から

そいつ知ってるんだが

その時は

漏水起こしても

何か間違いをしても

全て下の人間のせいにしてきて

挙げ句の果てに

その会社最後は

社長がトンズラこいたんだが

何故だろうね

【社長と喧嘩したからやめる】

と言う内容で

直前に辞めてるんだよね。

しかも

その月の締日にきっちり!

あれ?

もしかして

奥さんが社長の妹だったから

情報行ってたのかな?!(笑)

 

そーそー

つまり

彼は

当時小さい子供と

奥さんをもつ

俺ともう一人の若い衆の事を

気にも止めず

テメーだけ

逃げた人間。

 

筋金入りのズルい奴!

いやいや

虫!(笑)

 

んで

昨日は

そのズル虫君のおかげで

大分遅くまで残業になってね。

最後に

ウェルダーの雨養生

彼がしたんだが。

よかったよ!

見に行って!

 

ウェルダーの上に

畳んだシートを置いただ!

すぐ隣線路よ?!

しかもそれするだけのために

ワザワザ若い監督まで呼び出して

手伝わせて。

畳んであるシートを

一つ開いて乗せただけ。

 

親方の目が届かないと

すぐ手抜くからな。

大きな問題起こす前に

辞めさせるべきだと思うけどね。

 

まっ

とりあえず

俺が頭の仕事からは

今後除外してもらおう。

一人工分の仕事できない人なんて

いりませ〜ん。

ただの足手まとい。

も〜すぐ50歳の彼はいつ気づくのだろう?

【現場でこき使われる

雑工のお爺さんを

高笑いしていたが

すでに自分が半分そうなっている事に】(笑)

 

言われた時

人が何かを言ってくる時

怒りであったり

注意であったりする場合

それは

見るに見かねて

もう我慢できねぇ!

となった時

言われてから

どーしよー?

ぢゃなくて

言われたらとにかくすぐ動く!

そうしなければ

人が離れて行くどころか

全てを失う。

資格って誰のものよ?!

資格ってのは自分のもんだ。

【会社に取らせてもらって当たり前】

なんて考える奴は

どんだけ甘ったれてやがる。

 

ましてや

テメェのもんを

他人に頼るなんて奴に

いい仕事なんて

絶対に出来ない。

 

テメェのケツはテメェで拭く!

テメェのもんは

テメェで取る!

 

金がたんねぇなら

借りてでも取る!!

 

それが

男の生き方ってもんだ。

 

資格とは…

資格とは

それをやるにあたって

本人の意志表示。

【問題があれば

私が全責任とります!】

という職人の心意気!

 

そして

資格がない人間というのは

【できます!】と言ってはならない

できますというのは

最低限きちんと資格を

取得した者だけだ。

 

資格もなく安易に作業すると

罰則や罰金

営業停止だってある。

させた方も

させられた方も!

だから 資格がない人間が

言える言葉はただ一つ

【できません。】

 

【できる】なんていう時点で

いや

資格を取得しない時点で

仕事なめてる証拠だ。

俺ははっきり言って

そーゆー人種を差別する!

TN-F Pを取る前に

TIG溶接を仕事にしようと思ったら

まず資格というのは

避けて通れない。

TN-F

TN-P

これには当然学科が

セットで付いてくる

能書きってのは

めんどくさい!

でも 実はものすごく大切な事が

その中には詰まっている。

理論というのは

誰かがやった事を

文字として説明化したもの

つまりは 先人たちが

あの手この手で

試行錯誤した中で

今現在最も利にかなった

事柄がそこに書いてある。

自分がたまに言われるのが

ビード幅が狭い。】

まぁ〜そうでしょう

経験のみの

キチンと能書きを学んでない人から見たら

そー思える。

しかし

ビード幅は

【棒径の2.5倍以内にするのが良い。】

と能書きにはしっかり書かれている。

そうでなくても

母材に対して過度の熱を加えると

その分ユガミ、ヒズミが発生する。

経験も大切だが

能書きも大切。

二つが揃って初めて

キチンとした仕事ができるというものだと

俺は思う。

とまぁ〜こんな具合に

能書きってのは

何気に大切だ。

これから

TN-F

TN-Pを受ける人は

まず テキストを読んで

やる気を失うでしょう。

なぜなら

俺もそうだったから(笑)

現場とは違う

材料の違いや

まさかこの歳になって元素記号なんてもんを

目にするとは思ってなかった(笑)

だから

読んで理解できるまでに本を3周も

ループした(笑)

でも

その3周で得たものは

大きかったと

個人的には思っている♪

今では 資格も無事に取り

仕事もさせていただいているけども

やはりね

技術と同じで

知識というのも

追求して行く事はとても大切。

だから

本を買って読んでるんだけど

その中で

資格を取る前に

この本を読んでからだったら

スムーズに

テキストの内容が理解できたかな?

と思える本があったんで

ここに紹介しておこうかと♪f:id:ryu_en:20170211083249j:plain

ただ単に

試験の合格だけを考えるなら

過去問題だけひたすらやれば

受かるだろうけど。

キチンと理解して

合格したいと思ってる人が

いるなら

この本を受験前に

読んでおくと

よりスムーズに

頭に入ってくると思う。

技術と知識

追求し続ける事。

それは

職人としての責任である。